ライティングの仕事とは

ライティングの仕事って??

卯木です。

今、カフェ的な所でこの記事を書いてます。

僕は割と時間や場所にとらわれすに仕事をしていますが、

ライティングの仕事ってどんなものがあるのかなーとふと思いました。

雑誌の記事やブログメディア等の記事作成、SNSの記事作成代行、

ビジネス案件の大きいプロジェクトのコピーを書いたり、メルマガ、ステップメール、

企業のUSPを考えたり、自社メディアのコピーだったり、映像コンテンツの台本など、

結構多岐に渡ります。

もちろん収入形態も様々です。

単発で数千円から数万円

商品売り上げのパーセンテージで報酬を頂いたり、

まー金額はピンキリですね。

ライティングスキルはあらゆるビジネスシーンに必要

人との会話、手紙やメール、ニュースの台本もドラマや映画など、

「言葉」は僕たちの身の回りに常に存在しています。

つまり生きていく上で言葉とは切っても切り離せないんですよね。

そんな言葉を操るのがコピーライティングです。

自分でビジネスや副業を考えてる方、まさに今取り組んでいる方で結果が出ていない方は、

「稼ぎ方を知りたい!!」

って思うのは当然のことなのかもしれないですが、

まずはコピーライティングを学ぶことをおすすめします。

コピーライティングのスキルを身につける=人に購買行動を起こさせる

という事なので、あなたがいつでもどこでも文章を書けば収益を発生させる事が出来るという事です。

ちなみに心理学が好きな人にはコピーライターは向いていると思いますね。

読み手の感情を読み取り、行動を操ります。

ですので悪用しようと思えばいくらでも悪用出来るので、

悪用厳禁スキルとも言えます。

コピーライティングは言葉の使い方を学ぶので、

営業マンや企業の広報担当、プロジェクトの企画書作成にも役に立ちます。

言葉、つまりコミュニケーション

言葉は常に僕たちの周りに有ります。

つまり、言葉の使い方を学ぶ事はコミュニケーション能力を向上させるという事とイコールです。

コミュニケーション能力が高い人は、やっぱり言葉の使い方が上手いです。

自然と自分の懐に入ってくる人っていますよね??

人と仲良くなるのが上手い人っていますよね??

警戒心を持たれずに、良い印象を与え、自然と信頼関係を構築する。

これってコピーライティングの世界でも同じなんですね。

ライティングの仕事は、

文章や言葉の力によって実際に感情や行動に変化を起こすのが目的です。

相手が何を求めてるのか?

相手は自身の何を理解して欲しいのか?

相手は何を満たしたいのか?

相手の心理に入り込んで人を動かすライティングスキルは、対面コミュニケーションにも非常に有効なのです。

コピーライターは言葉のマジシャン

ブログ、SNS、手紙、メール、ナレーション台本、セールスレター、企画書、プレゼン資料、

営業活動、セミナー・・・・・・

ありとあらゆる仕事に応用できるスキルが「コピーライティング」です。

ライティングスキルを身につけ

る事によって、

あなたの日常生活は激変するでしょう。

常に身の回りにある言葉の使い方をマスターする事によって、

人から慕われ信頼されるようになります。

ビジネスや人間関係も円滑に進めるようになるので、

人間力も向上します。

巷には、価値があるモノから価値が無いモノ

までたくさんのノウハウが溢れています。

ノウハウは土台ありきです。

これは断言します。

これからの時代、自分でお金を稼ぐ力を身に付ける必要がありますよね?

何から学んでいけばいいのか悩んでいる方は、

まずはコピーライティングを学ぶ事をおすすめします。

全てのビジネスに応用できるのと、

いくら良い商品があったとしても、

その商品の情報発信のやり方を間違えてしまっては、

いくら良い商品でも売れないからです。

また、コピーライティングスキルは、あなたの資産になります。

それも誰にも奪われる事のない資産です。

その資産があれば、いつでもお金を生み出し続けられます。

ぜひこの奥深いコピーライティングの世界に触れてみてください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

卯木

↓こちらも宜しくです↓